33歳サラリーマン街金闇金の違いを徹底的に調べてよく把握してみるのが大事

当時の私はすでに銀行も消費者金融もすでにお世話になっていて、残された選択肢は1つ闇金ではなくて、それ以外を必死に探しました。

闇金に引っかかるわけに行かず、まず街金、闇金の違いを調べました。

その結果、どうも街金自体は危なく無さそうだと言うことが分かりました。

街金は小規模な消費者金融

街金は小さい消費者金融であり、CMしてるような大手の消費者金融と一緒の類で、規模大きさでサラ金、街金と呼ばれています。

そして、街金よそおって営業してる闇金もあって街金=闇金=危険といったイメージ未だ残ってるみたいです。

僕もお金借りる前まで大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフル以外の会社は闇金と思っていて、これは驚きました。

企業にも大小ありますが、消費者金融も大小あって、小さい規模で営業してるのが街金と呼ばれる類と知りました。

街金は怖くない

そして街金は闇金でなく消費者金融であり、フィクションの世界で見る暴力的取り立てはないみたいです。

もし支払い遅れ取り立ては催促状をおくるだけ。街金も大手消費者金融がしてるようなことをしてます。

そして、消費者金融と闇金の違い抑えれば闇金引っかかることはないみたいです。

困ったときは街金頼み

当時お金困ってた僕は大手消費者金融に手を出してそれでは足りなくて、街金をさがすしかありませんでした。

闇金からは絶対に借りたくなかったので、できることは徹底してしらべました。

そして、登録番号に問題なく借入条件よさそうな会社にさっそく申し込みました。

メール内容は結果について折り返し連絡とのこと。

審査結果は

待つこと2日、これも大手消費者金融にくらべて遅いです。

あちらは5分後ぐらいに電話がきて、電話出れば本当は関西弁であるの必死に隠して標準語話してるのがすぐわかる女性が審査結果2万円の融資なら可能といいました。

そして、その後メール送られてきた契約書印刷して記入。

内容は住所など記入するだけのあっさりしたもので、それをFAXで送付します。

大手消費者金融では、無人契約機で契約をしていたのでFAXでの契約ははじめてです。いろいろ手間と時間かかりました。

実際振込されたのはFAXして3日後

契約のFAXを送ってから実際にお金が振り込まれたのは3日後でした。

確かホームページに即日融資も可と書いてあった気がするのですが、実際には3日かかったわけです。

まとめ

大手に比べて時間も手間もかかりますが、街金自体は怖いことはありませんでした。

どうしても入用だといったとき頼りにしても大丈夫だと思います。

ですが街金に装ってネットに堂々掲載してる闇金もあるので注意は必要です。

申し込むのを決めるため街金ホームぺージ巡回してめぼしいサイト複数あり、そのページを見て登録番号がか言ってあって、それを検索してみれば国が管理するサイトについて、会社名が書いてあり、ここはしっかりした消費者金融みたいでした。

そして、検索していくとホームページに登録番号ない会社の番号掲載してる会社がありこれが闇金ですから注意してください。