消費者金融からお金を借りると一生返せなくなることをあなたは知っていますか?

はじめまして。

東京都住みの30代で妻と息子1人、3人家族でサラリーマンをしています。

突然ですが消費者金融からお金を借りて自殺しようと思ったことありますか?

これに共感してくれるあなた。

自殺をするのをやめて、まずはこの文章を読んでください。

私は自殺まで追い込まれましたが今は幸せに暮らしています。

あなたも幸せになれるんです。

まずは私の地獄の生い立ちをお聞きくださると助かります。

私がお金を借りたきっかけをあなたに教えます。

答えはシンプルです。

私の給料が少ないために息子への投資ができないからです。

今の時代、不景気でどこの会社も給料が安いですよね。それでも息子に塾や英会話教室などに通わせてあげたかったのです。

ただただ、そのためにお金が欲しかったのです。

来る日も来る日も満員電車に乗って、ただ時間だけを消費していく地獄のような毎日。そんな地獄のような毎日に光をさしてくれるのがたった1人の息子なんです。

その息子の将来を考えるのならば、塾や英会話教室などに通わせてあげたいというのが親の本心ではないでしょうか?

私は決意しました。

自分の給料だけでは塾のお金は払えません。

だからお金を借りてでも息子に塾に行ってもらい、少しでも息子の選択肢が増える人生になれればと・・・

そんな理由から消費者金融に手を出してしまったんです。

私がお金を借りた会社は有名なアコムでした。

あまりにも有名なので審査に落ちるかな?

と、思っていたのですが会社員というのは意外と信頼があるようで、私はすんなりと審査に通ることができました。

(ちなみになんですが他に大手といえばプロミスなどがありますよね?そこから借りなかった理由というのは、アコム一社で息子の塾の費用は賄えるだろうと。それでアコムだけにしました)

ただ今思えばアコムという会社の審査に通ったことが地獄の始まりでした。

消費者金融というのはただただ地獄

ここまで読んでくれているあなたなら地獄の意味分かりますよね?

最初に借りた額は限度額の30万円でした。

どこの会社の限度額もそうなんじゃないかなと、僕の個人的な感想では思います。

ネットなどの情報でも30万円からが相場のようです。

「返済できるだろう」

この安易な考えで30万円を借りたわけです。

この30万円というお金のおかげで息子を塾に行かすことができました。

ただ・・・返済をしようとすると元本が全く減らないんですよね。

あなたもご存知のように、

「利息をひたすら返すだけの生活」

これが永遠に続きます。

毎日毎日満員電車に乗って汗水たらして一生懸命働き少ない給料・・・そのお金を返済にまわすと利息しか払えない。

いつまでたっても元本が全く減らない。

私はこのお金って永遠に減らないんじゃないのかという疑問を抱きました。

その瞬間私の心は砕けました。

いくら息子のためだとはいえ30万円を借りただけなのに、そのお金が全然減らないのです。

私の会社はボーナスがでないので元本を減らす手段がありません。

今考えれば消費者金融というのはわざとこういう仕組みを作っているのでは?と思います。

絶対に返せないような生き地獄のような仕組みを・・・

私はこの利息だけをを返すというそれだけの作業によって、ただただ時間という寿命を吸い取られ続け、そしてストレスが溜まり気がつけば私は病院のベッドでした。

意識がもどった私が心配そうに目の前にいた妻に詳しく話を聞くと、

「あなた赤信号で道路に飛び出したのよ!」

と言われました。何のことか全く分かりませんでした・・・

私はどうやら赤信号でそのまま道路に飛び出し自殺を図ったようです。

今思えば息子のことを考えると最低な行為をしたと思っています。

そこではじめて妻に今まで1人で抱え込んでいた気持ちを全て語りました。

溜めていたものが全てその瞬間洗い流されたような気持ちになりました。

私の妻はこう言いました。

「あなた1人で抱えていたのね。そんな責任感の強いあなただから私も好きになったの。だからこれからは私になんでも言って。あなたはなにも心配しなくていいのよ。子供のことは私達2人で考えていこう。私達は家族なのよ。・・・息子のことを一生懸命考えてくれて本当にありがとうね」

この言葉に感動し、私は感動し涙が止まりませんでした。

ここから家族会議がスタートしました。

家族会議と言っても妻と私しかいないのですが、その結果まずはありとあらゆる親、親戚、友達など全ての人に頭を下げてお金を借りみようと努力しました。

ただ私達の周りにはお金を貸してくれる人がいなかったんです。

(これも不景気の影響かもしれません)

こうなったら法律に詳しい人に相談しようと最終的に弁護士に頼むことにしました。

そうすると弁護士さんは、

「ここまでの状態になった以上、自己破産しかないと思うよ。」

とはっきりと言いました。

自己破産・・・言葉の意味を知っていたのですが、

私は息子のことを考えるとその選択をとっていいのだろうか?

と考えましたが、それでも車に飛び込むようなことになるよりはましだろうと。

息子の将来を考えるとまずは自分のメンタルや健康を考えないと

何もできない!

そう考えるようになり私は自己破産を決意しました。

自己破産もそのまま弁護士さんにお願いしました。

弁護士さんの協力もあり、自己破産の手続きもスムーズにいきました。

アコムからお金を借りて約2年・・・私は自己破産をしました。

現在家のローンを組むこともクレジットカードを作ることもできませんが、それでも妻は働いてくれて、ほんの少し余裕ができ
今では息子を塾に行かすことは可能になりました。

私は肩の荷がおり今はもう幸せでしかありません。

自己破産というのもそこまで悪いことではないなと今では思っています。

自己破産をするまでは、自己破産というものに嫌悪感を抱いていたのですが、

(責任を全て放棄するようで・・・)

やはり追い詰められなければ人間何をすることもできません。

やってみれば光がさすこともあります。

だからあなたも自己破産ということを考えてみてはいかがでしょうか?

そうすれば希望の光は必ず見えてきます。

まとめ

今自殺を考えているのであれば、一度立ち止まって考えてみてください。

あなたが昔の私のように責任感が強い方ならば、自己破産に抵抗はあるでしょう。

でも人には限界があります。

あなたは誰かに甘えていいんです。

だから自己破産という選択肢を考えてみてもいいのではないでしょうか?

自殺はいつでもできるのです。

人はいつか必ず同じところにいくのですから。

だから今を楽しみましょう!

あなたに光がさすことを祈っております。