32歳保険外交員、闇金に手を出してしまい口座の売買、携帯の契約をさせられた

 こんばんは。僕は30歳の男性です。職業としては現在、自営業(フリーランス)をしております。因みに独身で、仙台市に在住している者です。

 今宵は、僕の女友達の体験談を書いていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

 因みにこの女友達のプロフィールは、仙台市在住であり32歳の保険外交員で、バツイチという女性です。

 ところで皆さんは、「今月も赤字だ・・・」「来月どうしよう」「お金がない」「旅行も行きたい」「スキーに誘われているんだ」なんて事を考えた事はありませんか?そうです!まさに僕の女友達がそのような感じだったのでした。

 ここから彼女の闇金借金地獄生活が始まるのです・・・

「きっかけは生活費・・・怖い取り立ての始まり!」

 彼女は実家を出て旦那さんと暮らしておりました。そこで「私も家計の為に働きたい」と言い、旦那さんの許可が下りて、保険外交員として働きだしたのです。

 しかし彼女が頑張って働いても生活費が足りなくなり、消費者金融で借金をしては返済、借金をしては返済の自転車操業となってしまったようでした。

 自転車操業の中でも、旅行をしたり、スキーに行ったりとしていたようです。毎週、週末には旦那さんと色々と遊びまわり、散財したとも言っておりました。

 そんなことをしているうちに、お金は無くなり、気づけば借金だけが残ったということです。

 もう普通の消費者金融からは借りられないところまで追いつめられていたのでした。

 そこで彼女は「いけない」と分かっていたのにも関わらず、ついに「闇金」に手を出してしまったとのこと。勿論ですが、旦那さんには内緒というお話。

 最初の借り入れ金額は、50万円だったそうです。しかも利息はトイチ。

 返済が遅れると「おんどりゃ!返せやコラー!」「おう?分かってるんか?」「あんな女なんだから夜の商売でもしろや!」なんて怖い取り立てが始まってしまったとのことでした。

 彼女がどうしても取り立てに耐えられずに、僕の部屋に避難してきたこともあるのです・・・彼女は泣いておりました。

 そんな彼女に闇金は、ある話を持ち掛けます。

「口座の売買、携帯の契約」

 闇金のスタッフが、「●●さん。もうわかりました。あなたが支払い能力がない事。そこでやって頂きたいことがあります。口座を契約をして私らに売ってください。1口座につき3万円をお支払いします。携帯の契約もしてください。大手3社でです。丸一日かかりますが、2万円をお支払いします。合計5万円をあなたの自由にしてください。」との話があったというのです。

 僕は「ま、まさか口座を作って売買してないよね?携帯も契約してないよね?」というと、彼女は「いやしちゃったよ。もうどうでもいいの!」と僕に語りました。

 皆さん、どうですか?あり得ますか?あり得ないですよね?お金というのは、本当に怖いもので人を変えるし、人の正常な判断能力すら奪うのです。

 しかもその5万年は、「パーッと使っちゃたよ(笑)」と笑われて、言われた時に僕は思わず声を荒げてしまいました。

 「友達だから言うよ!ふざけるな!バカ野郎。その口座も携帯も犯罪に使われるんだよ。捕まる時は、●子が捕まるんだよ?今すぐ警察に相談して自己破産の手続きしよう。俺も手伝うわ!」と言ったのです。

 そこから警察に相談したところ、「まだ犯罪には使われていないかもしれませんね。●子さんも一応、騙されて被害者という事ですからね。罪には問いませんわ」と暖かい言葉をかけてくださいました。

 その後、闇金の情報を洗いざらい警察に相談・提出をしたところ、後日闇金組織はガサ入れをされて壊滅しました。

 彼女の借金の2,000万円も自己破産をしてチャラとなったのです。因みにこの2,000万円という金額は正規の消費者金融と闇金の合計となります。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?これが僕の女友達の闇金借金地獄の体験談となります。僕も書いていて、若干引いているのですが(笑)

 お金という物は上手に使えば味方になってくれますし、裏切りはしませんよね。

 ところが彼女のように使い方を間違うと、「魔物」に変身してしまい、心身ともに疲れ果て、挙句の果てには病んでしまい、正常な判断力を奪う物にもなってしまうのです。

 彼女のように犯罪行為に加担させられてしまう場合もあるようですので、このような事になる前に、誰かに相談するとか、専門機関や弁護士に相談する等の対策を講じるべきだと思います。

 そして、「生きなくてはいけない」のですから、この際、腹くくって自己破産やら債務整理をして、新たに人生をスタートさせるのも悪くないと思うのです。

 現在の彼女は旦那さんとも離婚して、生き生きして仕事に精を出しております。

 彼女が言っていた一言を書かせてもらいます。「色々あったけど、成長したと思う。拾ってくれる神はいたんだね。これから人生をやり直していきたいわ。」と言っておりました。

 この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。