すぐ返せば大丈夫!その軽い気持ちが転落への第一歩!地獄はすぐそこに…

仙台市の28歳男性名前はさとし、職業は病院へ勤めています。

さて、皆さんお金に困ってどうにかしようとCMで観た某金融会社からお金を借りようとしていないでしょうか?

お金に困ったその時は、もうどうすればいいのか、苦しくて早く解決してどうにかしたいという思いしかなく、30日無利息などの甘い言葉に引き寄せられ無人契約機に吸い込まれるように入店しようとしているに違いありません。

私もその一人でした。

私が大学生の時、ギャンブルに負け、実家にも帰れず町をさ迷っていました。

家賃も滞納してしまう…こんなのがバレれば親が乗り込んでくるぞ…。

こんな状態になると街にあるアコム、プロミスなどの無人契約機に吸い込まれるように入店し、数十分後には家賃以上のお金が手元に!
「え?これは魔法かな?錬金術かな?」こんな錯覚を覚えました。

家賃を払い、これで残りのお金で増やせば来週には返せると、何の根拠もない自信を持ち、限度額いっぱい使って後悔したのが学生時代でした。

このあとも就職し、限度額が上がったのを良いことにまた借り入れ。

そして返済し、またすぐに借り入れ、利子だけを返してるような状態です。

こうなればもう転落は早く、最初の頃に感じていた罪悪感もなく、当たり前のように借り入れをしてしまうのです。

こうなると年収の3分の1を借り入れ出来ないという決まりにより、借り入れ出来なくなります。

こうなればもうヤミ金しかない!でも怖い!
でも支払いが滞っている!
こうなってくると正常な判断など出来ず、パンドラの箱に手を出してしまいます。

しかし一時助かる為に、自分の首をさらに絞めるのです。

そのパンドラの箱の底には希望などなく、絶望しかありませんでした。

利息が法外であり、とても払えるものではありません。

待つことも出来るとの言葉を信じて借り入れしたのに、「返済は待てない!利息を高くする!」
これで利息は加速度的に増えていきます。

返済の催促が始まり、謝る日々。

毎日が憂鬱でした。

食べる物も困窮する日々でした。

一月で5キロも痩せ、これは限界だと任意整理をしました。

あっさりと催促が止まり、私は安堵のためか、女の子のような頬を伝う綺麗な泣き方をしました。

人生で一番綺麗な泣き方をしたと記憶しております。

これによりローンが出来ないブラックになりましたが、結果的には返済の目処は立ち、借り入れも出来ないため確実に返していくしかなくなる状況になったからこそ、自分はやり直す事ができたのだと思います。

まとめ

この事から自分の弱さ、人生ではとてつもないハンデを負うことになりましたが、それも自業自得なので仕方ありません。

今回のことを教訓に地道にやっていくしかないのです。

借金は一度借りてしまえば、次から次へと借りていくのです。

大丈夫すぐ返せるは返せないのです。

返せるのなら借りないのです。

今困ってる方はこんなことにならないように、例え借りるにしてもすぐ返すのが大切です。

もう少し貯まったら返すは返せません。

これを肝に命じましょう。