軽い気持ちで闇金融で借金をしたらとんでもない借金地獄が待っていました

独身の23歳女性淳子(仮名)です。横浜市内のアパートに暮らしています。会社員をしていますが、夜はスナックでバイトをしています。

みなさんは借金をして失敗をしてしまった経験はありませんか。大手の金融機関からお金を借りられないため、闇金融に手を出して困った事態になったことがあるかもしれません。実は私はあります。数年前に借金を繰り返した結果、闇金融に手を出して逃亡生活を送ることになりました。

私は高校を卒業して、実家近くの会社で働きはじめました。高卒だということもありますが、給料が安くてあまりお小遣いがありませんでした。それでも物欲が強くて、毎月お金を使い果たしてしまいます。クレジットカードの審査に通り、ローンで買い物ができるようになると、会社終わりにデパートに行って、カードを使って買い物をする機会が増えました。

それでも実家暮らしをしている時は、収入を全て買い物にあてられたため、大きな問題はありませんでした。しかし20歳になった時に家を出て、アパートで独り暮らしを始めると次第に資金繰りが苦しくなり、サラ金でキャッシングをしてローン返済するようになります。そうこうしているうちに借金返済がどうにもならなくなり、ついに闇金融に手を出すことになってしまいました。

みなさんは、闇金融なんて怖くて手が出せないと思うかもしれません。しかし私は闇金融というものがどういうものか知らずに手を出してしまいました。お金を借りられたのはいいですが、収入が増えたわけではないため借金を返済できるわけではありません。闇金融の利息は、法律で定められているよりずっと高いことにも、借りた後で気が付きました。

すぐに闇金融からの取り立てが始まりました。アパートのドアを強くノックする音、怒声を浴びせる男性の声は今でも忘れることができません。取り立ての電話もひっきりなしにかかってきたため、私は電話の電源を抜いて床にたたきつけて壊しました。私は怖くなり、きっとノイローゼ気味になっていたのでしょう。身の回りの荷物をまとめて家を飛び出しました。そして友達の家を転々としながらおびえて暮らしました。学生時代の友達がまだ大学生だったため、一人暮らしをしている友達が泊めてくれて助かりました。

一か月ほど経って実家に帰り、借金のことを全て両親に話しました。とても怒られましたが借金を肩代わりしてくれたため私は救われました。無断欠勤していたのにもかかわらず会社も引き続き働かせてくれました。

まとめ

両親や友達に助けられて借金地獄から脱出することができましたが、本当に怖かったです。借金地獄の期間が長引いていたらと思うとぞっとします。返済できるめどがないのにお金を借りるような行為はしてはいけないと身に染みました。

特に法外な金利を取ろうと狙ってくるような、闇金融からは二度とお金を借りないようにしたいです。