ひととき融資〜肉体関係で融資を受ける女性が急増!進化形闇金

逮捕者が出たことで明るみになった「ひととき融資」。

昨年、金を貸す代わりに性行為をしたとして大阪府の公務員の男が逮捕された。

「ひととき融資」とは、男が女にお金を貸す代わりに肉体関係を迫る行為のこと。

主にツイッターなどSNSで募集され、ターゲットは主に若い女性。

男は、金を貸すがいずれ返ってくることから、実質無料で性交渉することができ、女も金銭の利息なしにお金を手にすることができる。

利用する女は、金遣いが荒くカード破産していたり既に消費者金融でブラックになった者から学生やフリーターなど正規の金融からはなかなか審査に通りにくい者が多い。そんな経済的に立場の弱い女はインターネットで知り合った男性と金の為に性行為をしてしまう。実際、ツイッターで「#ひととき融資」と検索すると無数にヒットする。

「ひととき融資」は犯罪?

「ひととき融資」は個人間融資である。本来、個人同士が金の貸し借りするのは自由なのでこれ自体は犯罪にはあたらない。

インターネット上でも、SNSを介した個人間融資は現に行われている。お互い条件を交渉し合意ができれば契約成立だ。

個人間融資が横行する理由は、本来正規の金融では審査に通らないような人たちがいるからだ。正規の貸金業者などから借りられなければ闇金や個人間融資に頼らざるを得ない。

しかし、闇金は法外な利息を取られたり、融資保証金詐欺などでお金をかりるどころか騙し取られたりするのでリスクが高い。そこで、個人間融資の甘いささやきに誘われてしまうのだ。しかし個人間融資も実態は闇金ということもあるので注意は必要だ。

ひととき融資は、利息を性行為で支払うということから経済的に追い詰められた女にとっては都合がいい。男にとってもタダで性行為ができるとあってうまみがあるということで交渉が成立しやすい。しかも、性風俗に金を払うのと違い、金はいずれ返済されるのでこんな得なことは無いと考えるわけだ。

経済的に追い込まれた女は、援助交際やパパ活といった一定の交際関係と違い、返済が終われば関係も終わるという気持ちがあり、安易に性行為におよんでしまう。

「ひととき融資」は売春にはならないのか?

金を払って性行為をすることから売春にあたるのではないかと見ることもできるが、実は、売春防止法では「対価を受けて不特定な相手と性交をすること」を禁止しているわけであって、特定の個人対個人の性行為は例え対価を受け取ったとしても売春防止法では処罰できない。

また、「ひととき融資」は基本的にお互いに合意の上での行為であるため、強制わいせつ罪にもあたらない。

ただ、相手の女性が未成年だった場合は話は別だ。未成年の女性への性行為は児童買春罪や淫行条例違反などの罪に問われることとなる。

「ひととき融資」が事件に発展することも

「ひととき融資」はそれ自体は未成年でない限りは犯罪として立件されることはできないが、「ひととき融資」がきっかけて犯罪にエスカレートすることがある。

融資をする以上、相手女性の住所や名前、電話番号など個人情報を知られる上、逃げられないようにと性行為の様子を撮影されることもある。それがエスカレートし、ストーカー被害や、借金返済後も性行為を強要されるという事件も起きている。

また、手に入れた個人情報は、金に困っている人ということで闇金市場に転売されることもある。

「ひととき融資」を繰り返し行うと

個人間の融資は違法性はないが、「ひととき融資」を複数の女性と行った場合、「業として」融資を行っていると見なされ、貸金業法に違反する可能性がある。

「業として」とは、繰り返し融資を行い事業性のある行為とみなされることである。貸金業法では「業として」貸金業を行うには、都道府県に申請し登録しなければならないと規定している。

もし、無登録のままで貸金業を続けると、懲役最高10年、罰金最高3000万円という罰則が規定されている。

また、出資法でも金利が20%超で融資をすると罰則が科せられる。

大阪の事件も、貸金業法違反と出資法違反の両方で逮捕されている。

逮捕された大阪府の公務員男性は、合計16人の女性に貸し付けを行い、金利も年20%を超えていたという。また、借用書には、完済まで毎月数回性行為に応じること、性行為を断れば1回につき5000円の利息を支払うことという条件も明記されていた。

「ひととき融資」を利用してしまったら

「ひととき融資」に限らずネットの個人間融資にはトラブルがつきもの。手を出さないほうが無難だ。

しかし、もし利用してしまったら、警察や弁護士に相談すべきだ。