どうしてもお金借りたい?ブラックならこの方法しかない!

「どうしてもお金借りたい」

そうんなあなたは、きっと自分はブラックだと思い込んでるんでしょう。

「ブラック」というランク付けは実際には存在しないそうです。

いわゆる「ブラック」というのは一体どんな状態なんでしょうか?

ブラックとは、個人信用情報に事故情報が登録されてしまった人だそうです。

事故情報とは、過去に借金の返済を一定期間(2-3ヶ月以上)延滞した場合や、自己破産してしまった場合に記録される情報です。

実際、2,3ヶ月延滞したことがあるとか、自己破産しているという人は、いわゆる「ブラック」であり、普通の大手消費者金融や銀行カードローンでは借りられません。そうでない人、1ヶ月くらい延滞してちゃんとその後返済したという人は普通に契約できる可能性があるので申し込んでみるといいでしょう。

ここでは、そのいわゆる「ブラック」という状態の人が「どうしても借りたい」という悩みをどう解決するかを考える記事です。

まぁ、そういうブラックな人というのは既に大手消費者金融に何社も申し込んで断られているんでしょう。

でも、ご安心ください。大手ではない消費者金融は日本中に沢山あります。ただ、ネットで申し込める中小の消費者金融は限られます。それを探すのは大変苦労するでしょう。なぜなら、中にはまともではない金融屋がいるからです。

一見すると人当たりの良い真面目な金融屋(貸金業者)に見えても実際は詐欺業者で、実際にはお金は貸して無くお金をだまし取られたりすることがあるので注意が必要です。

街金と呼ばれる中小の消費者金融や闇金がすべて詐欺業者ではありません。きちんとお金を貸している業者はたくさんあります。

そういった業者はブラックな人にも貸してくれることがあります。いや、むしろそういう人しか来ないので本当にブラックならそういった業者に行くほかありません。

そういったブラックでも貸してくれる業者を紹介する業者がまた存在します。ここでは、そういった紹介をする業者を紹介します。しかもネットから申し込めるところだけ厳選して紹介します。

ネットから一度申し込めば、複数の金融業者に一括して審査をしてくれます。だから、借りれる業者をすぐに見つけることができます。審査に通ったからと言って現地に行く必要はありません。融資は大手消費者金融と同様に振り込みで実施されます。

なお、申し込んだ後は折り返し確認の電話がかかってくるので必ず出るようにしてください。もちろん電話は携帯電話でOKです。折り返しの確認電話に出なければ申込みは成立しませんし融資も受けられません。冷やかしだと思われると今後「やっぱり申し込もう」と思っても断られる可能性もあります。だから、一度申し込んだら折り返しの電話には必ず出るようにしてください。やっぱりやめたければその時断ることもできます。無視するのが一番よくありません。

あと、もう1つだけ大事なことなんですが、無職には貸せません。ブラックOKな業者でも収入の無い無職に貸す業者はいません。バイトでもパートでも毎月収入のある人しかお金は借りられません。もし無職なのに貸すような業者は間違いなく「詐欺業者」だと思ってください。ここで紹介する業者に詐欺業者はいないので安心してください。

  • 大手金融会社で融資の審査に落ちた方に無料で借りれる業者紹介する窓口です。申込フォームに記入すると電話連絡がありますのであなたの現状を詳しく説明してください。借りれる業者を紹介してくれます。なお、紹介手数料はかからず完全無料です。
  • ブラック、どこも断られたという人向け。無名の中小の金融業者のウェブに個人情報を入力するのは抵抗あるはず。グランドスラムは、匿名情報だけで借りられそうな業者を紹介してくれます。複数の業者からピッタリの業者を見つけてくれるから、何社も申し込む手間も省けます。
  • もうどこも貸してくれない。でも、安易に申し込みをすると個人情報の流出が心配。そんな心配性なあなたの為に、ブラック対応の会社に精通したプロ集団が匿名で複数の業者の中からピッタリの業者を紹介、何社も申し込む手間も省けます。