ブラックを合法的に消す方法

ブラックリストに一度載ってしまうと、一生お金を借りられないと思っていませんか?

そもそもブラックリストって何だと思いますか?

実際、ブラックリストというものは存在しません。

実際には、個人信用情報に記録された延滞等の事故情報のことを通称ブラック(な状態)と呼んでいます。

個人信用情報とは

個人信用情報というのは、金融業界でお互いに参照できる債務情報や事故情報のデータベースのようなものです。

例えば、A社でお金を借りると、B社はその事実を簡単に調べることができます。だから、何社もつまんでいると、「あなた、A社からもう○○万円も借りてますね?あなたの年収じゃこれ以上貸せません。」と言われたりするのです。なんで知ってるの?って、実は情報がつつ抜けなんです。

ただ、この事故情報というのは個人信用情報に掲載する期間が5年とか10年とか決まっています。それが期限が過ぎると晴れてきれいな状態になり、またお金が借りられるわけです。

でも、この5年や10年待ってられますか?というわけです。そんなときに、この事故情報を合法的に消すサービスが役に立ちます。

そんなことできるの?なんか怪しい、そう思ったかもしれません。

でも実はこれ、弁護士がお手伝いしている全く怪しくない方法なんです。

だから、堂々と弁護士さんに相談してもらってOKなんです。ただ、どの弁護士でもOKってわけではなく、次に紹介する弁護士が現在のところ唯一です。